カードローン〜 おすすめ銀行はここです!

銀行カードローンといっても、昔と違ってその数も増えてきました。かつては大手銀行がカードローンもおまけ程度にやっていましたが、今はネット銀行が参入してきて競争が激化してきています。特に、金利は各社ぎりぎりのところで頑張っているようです。

それに、最近の銀行カードローンは窓口に行かなくてもネットだけで契約できます。スマホ1台あれば身分証明書をカメラで撮影して送るなどしても契約できるようになってきています。このあたりはネット銀行の方が進んでる感じがします。ネット銀行はもともと窓口を持っていないのでネットで完結できないとカードローンサービスを提供できませんから。

ここで、今おすすめの銀行カードローンを紹介させてください。どれもネットから申し込めて来店不要です。

オリックス銀行カードローン
大人のカードローン!30~50代の方におすすめ!
  • 業界最低金利 1.7%~17.8%
  • 融資限度額は余裕の最高800万円!
  • 提携ATMの手数料が全時間帯で無料!(※1)
※1 提携ATMは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行ATM、E-net、ローソンATM、イオン銀行ATM です。
学生・主婦・パートアルバイト向けではありません。
きゃっする
住民第一の信用金庫のカードローンなら審査も○
東京・千葉・埼玉に在住または勤務先のある方限定
  • 申込みからご融資までWEB完結(来店不要)
  • コンビニATMも利用可能
  • メガバンクの10倍!全国信金のATMは手数料0円!
  • 銀行並みの低金利 2.6%〜14.6%
  • 大きな融資枠 800万円!
ダントツの低金利0.99%〜14.79%
  • ダントツの低金利 0.99%〜14.79%
  • 融資限度額 最高1200万円なので、用途も広がります。
  • 借入時のATM手数料がいつでも無料!(※1)
  • 利用明細の郵送なしでプライバシーも安心
※1 イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM

銀行カードローンのいいところ

金利が低い

消費者金融が軒並み最高金利が18%なのに対し、銀行カードローンの金利は最高でも14%〜15%が主流になっています。最低金利は銀行によっては2%を切るようなものもあります。

融資限度額が高い

銀行カードローンは、融資限度額も高く、最高1000万円という銀行もあります。1000万円なんてなかなか借りる人も少ないと思いますが、将来いざというとき必要になるかもしれないと考えると限度額が高いというのは、それだけで安心感がありますね。

安心感

銀行カードローンは、何と言っても安心感、信頼感が高いですね。お金を借りているのがバレたとしても消費者金融で借りているというより、銀行から借りている方が世間体もいいと言えます。逆に銀行がお金を貸してくれているということで借りている人に信頼感を与えることだってあります。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンの唯一のデメリットと言えば、手続きの煩雑さとスピード感でしょうか。最近は消費者金融と変わらず申し込みから借り入れまでスムーズになってきましたが、中には最初に口座を作らないといけなかったり、書類は郵送が必要だったりします。お金を借りたい人は急いでる場合が多いので、そういう人は消費者金融の方がいいでしょう。

こんなことも知っておこう

キャッシングの審査で意外と知られていない落とし穴

キャッシングの審査に関する注意点であったり、通りやすくするためのコツというのは多くの情報があります。ですから、審査に落ちたくないとお考えになっている方はきっとそういったもので勉強をなさっている事でしょう。しかし、実はそういったところではあまり書かれていないような、意外と知られていない審査に落ちてしまう原因となる落とし穴があります。ですから、その落とし穴についてこれから説明をしていきたく思います。

その落とし穴というのは、申込の時点にあります。例えば審査に仮に落ちてしまってもすぐに次のローンにいけるよう、複数の会社のローンに一気に申込をしておく、こんな考えを思いつく方がいらっしゃるのではないでしょうか。一見これは良いアイディアに思えるかもしれませんが、実際のところこれが審査に落ちる原因になってしまう危険性がかなりあります。

それはなぜなのかというと、複数のローンに一気に申込する事によって生活が逼迫していて返済が難しい人間であると判断される危険があるのです。そして最悪ブラックリストにのり、自動審査の時点でどの審査にもはじかれる状態が続く事になってしまいます。

ですから、複数ローンに一度に申込は絶対にやらないという事を是非覚えておいてください。

いろいろな金融機関を比較したほうがいいです

キャッシングというと、自分が使用しているクレジットカードの付帯機能としてついていることが多いです。そして、複数のクレジットカードを持っている人も多いでしょう。キャッシングの利用についても、利息がかかります。そして、これについては、クレジットカードによって様々です。したがって、複数のクレジットカードを所有している場合には、どれを利用したら有利なのかを比較検討してから、利用を決めるといいでしょう。そのほうが、結果として、返済総額が少なくなるのです。

カードローンについても同じことが当てはまります。カードローンも、金融機関によって、適用される金利が異なります。そして、それによって、支払い総額も変わってきます。支払い総額というものは、少ないほうがいいのです。カードローンを扱っている金融機関は多いです。特に急でない限りは、いろいろな金融機関のカードローンを比較検討したほうがいいでしょう。

金利の支払いというものは、キャッシングやカードローンを利用する場合には、無視できないものとなります。また、その金額も大きなものとなります。支払い総額を少しでも抑えるためにも、こういったものを比較することが必要になります。また、そういったものの比較をまとめたものもあります。それを利用するのもよいでしょう。

勤続年数でカードローン申込者が理解しておくこと

①勤続年数が1年半ぐらいの方はまだ源泉徴収票も1期しか取れないので、一般的には金融機関にカードローンを申し込みしてみないと結果もわかりません。審査通過の確率を高めるために他の属性を高めてから申し込みしたり、もう少し長く勤務してから申し込みするなど、申し込みのタイミングをずらすのも方法です。

②逆に勤続年数が半年以内のような方はそのタイミングで申し込みしないほうがいいです。審査に落ちてもその結果が個人信用情報機関に必ず登録されます。最低6ケ月はその事実は登録されますので、別の金融機関のローン審査に悪影響になります。わざわざ自分の個人情報を汚すことが見えている安易な申し込みは回避しましょう。

③もし申込者が同業種間で転職経験のある人なら、勤続年数に関して前の仕事も「通算」で考慮してくれる可能性もあります。詳しくは金融機関と相談してみてください。

④一般的に申込者が会社員の場合と自営業者では勤続年数(自営業者は営業年数)の捉え方が違います。自営業者にはやや辛めに判断するということです。自営業者の場合、毎年の売上や利益の変動があるので所得判定のため、会社員の勤続年数よりさらに長い営業期間の実績が必要になります。

要するに、年単位で勤続年数を審査判断と比べてみると、その会社での勤続年数が1年未満の場合は「厳しい」、1年~2年は「受付してから判断」、2年以上だと「まず良好」、3年以上になると「問題なし」です。ただし、高校や大学卒業して就職したばかりの勤務年数1年未満の新入社員はこの限りではありません。以前と比べると勤続年数の審査での重要度は低下していますが、それでも一か所で長く勤めている事実は本人の信用を挙げることには変わりありません。

正社員で無くても利用出来るキャッシング

キャッシングを利用する際には定期的で安定した収入が前提となりますが、これらは決して正社員の方に限定されるものではなく、フリーターや派遣社員の方でも十分利用することが出来ます。もちろんフリーターの方は正社員や公務員の方に比べて収入が低いことが多く不安定と見られることもあるので全て同じ条件という訳にはいきませんが、十分審査を受けることが出来ます。

しかし、フリーターや派遣の方が安心して審査を合格出来るにはいくつかの条件があります。まず基本的なことですが、収入の大小は当然重要になります。これには明確な基準がある訳ではありませんが、月に数万円程度など明らかに生活出来ないレベルの収入しかない場合や借入希望額とあまりにも乖離した金額の場合には審査に通らないこともあります。

またアルバイトの場合であっても勤務期間は重要視されます。勤務開始後あまりにも間もない場合には、定期的な収入と見なされないことがありますが、最低でも半年程度継続して勤務していると安定していると認められる可能性が高くなります。このようにフリーターの方がキャッシングを行う際にはいくつかの条件はありますが、いずれも不可能なほど難しい条件では無いので、ぜひ資金用途のある時にはキャッシングを検討して下さい。

返済計画を考えてから利用しましょう

キャッシングやカードローンというものは、必ず返済が必要になります。また、利息も発生します。そのため、返済が遅れたりすると、利息の支払いも多くなり、返済総額は増えてしまいます。また、返済は、月々の家計にも響いてしまいます。

そんなことから、キャッシングやカードローンを利用する際には、返済計画をよく考えてから、利用するといいでしょう。キャッシングの場合には、クレジットカードの請求として、返済が求められます。そんなことから、翌月に返済できる金額にとどめておくといいでしょう。また、カードローンの場合には、もう少し大きな金額の利用が可能となります。そして、返済も、時間をかけることが可能となります。この場合には、ひと月あたりどのくらいの返済金額になるのか、きちんと把握しておいた方がいいでしょう。そうすれば、返済計画も明確になるのです。

キャッシングにしても、カードローンにしても、返済が滞るという事態だけは避けたほうがいいのです。また、返済自体が遅れると、利息の支払いも増えてしまうのです。利用する際には、必要最低限の金額のとどめておくといいでしょう。

キャッシングについては、利用枠は、収入によって決まります。カードローンは、ある程度までは、審査がないこともあります。しかし、自分なりの基準を持って利用するといいでしょう。

カードローンのWEB完結とは?

WEB完結とは、インターネットからの申し込みだけで契約が行える申し込み方法で、大手の消費者金融などで行うことができますが、この申し込み方法で契約を行う最大のメリットは、職場に在籍確認の電話が掛かってこないことだと言えます。

文字通りWEBだけで契約が完結するので、在籍確認も電話に頼ることなく、申し込み時に写真に撮って提出する書類だけで行う為です。

その為、このWEB完結の申し込みには職場への在籍の証明となる書類が必要になります。通常は勤務先の名称が入った国民健康保険以外の保険証がこれに利用されることが多く、それを所持していない場合にはWEB完結は利用できません。

また、WEB完結では身分証明書に必ず顔写真が付いたものが必要です。運転免許証やパスポートだけに限られることも多く、その他に、源泉徴収票などの収入証明書も必要になります。本人や職場への電話連絡が一切無い為、必要となる確認書類がその他の申し込みより厳しくなっています。

そして、WEB完結では原則的にキャッシング用のカードが発行されません。よって、借り入れや返済は全て銀行口座を通じて行います。このカードが無いと、コンビニのATMから気軽に借り入れを行うといった訳にはいかないので、契約後に不便なことも多いです。

WEB完結での申し込みは、職場への在籍確認の電話こそ回避できますが、色々と不都合な面もあるということです。在籍確認の電話があっても特に問題が無い場合、この方法以外で申し込みを行った方がいいかも知れません。

キャッシングの申し込みについて

キャッシングの申し込みというと、以前までは、店舗や、無人契約機などで申し込みをすることが一般的でした。しかし、今現在では、インターネットが爆発的に普及していることから、インターネットからの申し込みが最も多いと言われています。

また、スマートフォンや電話からの申し込みも可能です。特に消費者金融での借り入れの場合には、このように色々な申し込み方法がありますので、非常に便利であるといえるでしょう。

しかし、申し込みの際には、便利だからと言って、複数のキャッシング業者に申し込みをしてしまう方もいます。しかし、複数のキャッシング業者に申し込みをするのは避けておきましょう。

なぜなら審査の際には、その人の履歴などが信用情報機関などのデータで調べられることになります。複数のキャッシング業者に申し込みをしてしまうと、その人が他社で申し込みをしたけれど通らなかったとみなされてしまうのです。

借り入れ初心者となると、審査が不安になってしまい、複数の業者で申し込みをしてしまいがちです。しかし、まずは申し込みの前に、借り入れ条件に当てはまっているかどうか、ホームページ上の簡単診断などを使ってみることが大切です。そうすることで、審査に通るかどうか判断できるといえます。

カードローン 金利 銀行カードローンは金利が低いってホント?

夫 秘密 お金 借りる 夫に秘密でお金を借りるには?

消費者金融 ばれない 消費者金融を家族にばれないように利用するにはどうすべきか?

ページの先頭へ