毎月返済しているつもりでも借金が減らない!どうしたら借金を減らせるの?

カードローンを利用している人の中には、毎月コツコツ返済していても思ったより残高が減っていないことがあります。毎月返済しているのに何故と感じたことがある人も多いです。

毎月返済しているのに借金が返済していかないのは何故でしょうしょうか。その原因を突き止めていきながら、借金を減らしていくためのコツをご紹介していきます。

ゆとりある生活していくためにも、借金を一日でも早く完済したいものです。返済方法を見直しも考えていく必要があります。

借金が減らない原因は何?

カードローンを契約すると、決められた一定の金額を定期的に返済していくことになります。この返済額の中には利息も含まれています。毎月、返済しているのは元本だけではありません。

借金が減らない人の多くは、毎月の返済額の多くが利息にあてられている場合が多いです。カードローンは借入残高によって最低返済額があり、毎月その金額を返済していけば貸金業者から何か言われることはありません。

また、カードローンの多くは残高スライド元利リボルビング方式というものです。この方式は、利用残高によって毎月の返済金額が変わっていきます。利用残高の多い借入をした当初は、返済したお金の多くが利息にあてられます。

元本を早く減らしていくための対処法

カードローンは決まった日までに決まった金額を返済できるだけではありません。任意返済という方法もあります。余力があるのに、だらだらと返済を続けている人には良い方法です。

任意返済は、返済したお金の全てが元金にあてられます。また、好きなタイミングで返済をするので、お金にゆとりができたタイミングで返済ができます。

毎月多めに返済していくことで、借金をより早く完済できるのです。また、早く返済していくことで利息の負担も減らせます。

毎月の返済が苦しい場合の対処法

任意返済は決められて金額以上に返済していくので、毎月の返済が大変な人には難しい方法です。

毎月、最低返済額だけを返済しているのでやっとの人は、借り換えも視野に入れた方が良いです。カードローンは同じ金額を借りても金利が低いほど、返済するトータルの金額が少なくなります。

今よりも金利を低くするためには、低金利のカードローンへ借り換えを行うしかありません。

しかし、借り換えは通常の審査よりも厳しいのが一般的です。金利が低いということは、それだけ返済できるという信用があるからです。借り換えをしたい人は返済が大変な人多く、そのうえ多額の借金をしている場合も多いからです。

複数社から借りている場合の対処法

複数社から借り入れをしている場合は、おまとめローンを利用する方法があります。おまとめローンに借り換えることで、借金の借入先を1社にすることができます。

1社にすることで、利息の負担を減らせる可能性があるだけではありません。返済日や返済額を管理しやすくなり、返済計画も立てやすくなります。

ただし、借入件数が多すぎるとおまとめローンの審査に通りにくくなります。それだけ返済できる可能性が低いと判断されるからです。借入件数が多い場合は、まずは件数を減らすようにしましょう。

件数を減らしていくためには、返済する先の優先順位をつけることが大切です。すべての借入先を少しずつ返済していると、どの会社も完済できないことも多いです。1社でも先に完済していくと、精神的に楽になるだけでなく返済計画も立てやすくなります。

優先順位の付け方は金利の高い順です。借入額の多いところではなく、金利が高いところから優先していきます。

金利が同じなら借入額の少ないところから優先していきます。そうすることで早く件数を減らせるからです。

金利が高いところから返済していくことで、トータルの返済金額を減らせるからです。気持ちとしては金額の大きいところを完済していきたくなりますが、借金の総額で考えることが重要です。

借金を減らすために気を付けること

おまとめローンや低金利なカードローンに借り換えらといって安心してはいけません。返済額を抑えすぎると、それだけまた完済の道が遠くなります。月々の返済が楽になったからといって安心することなく、余裕ができたら多めに返済しましょう。

また、無理な返済計画は生活を破たんさせるおそれがあるので、日常生活に支障がない程度にします。

まとめ

借金を減らしていくためには返済方法を見直していくことが大切です。無理のない程度に、余裕ができたら多めに返済していくようにしましょう。

借換は必ずできるわけではありませんが、毎月の返済が大変な場合には有効な手段になっていきます。カードローンを契約するときには、返済の金額もシミュレーションしておくと良いです。

借入先を少なくするのは返済計画を立てやすくするためです。

返済の苦しみから解放されるためにも、一日でも早く完済できるように返済方法を見直しましょう。